So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【花粉情報2015】いつまで飛散?ピークは?<千葉>

◆【花粉情報2015】いつまで飛散?ピークは?<千葉>

こんにちは~「鼻水キムちゃん」です。
今回は、千葉県においての花粉情報です。

  • 千葉県のほうではいつまでスギ花粉の飛散するのか?
  • スギ花粉のピークはいつなのか?
  • この花粉シーズンはいつまでなのか?

といったことについての最新花粉情報を
お届けしますね(^'^)

千葉県.jpg


本日は3月30日なのですが、2月のときに書いた
千葉県での花粉情報はこちらの記事になります。
→【花粉症 2015】千葉県の花粉飛散時期とピークはいつ頃?

ちなみに、千葉県って、森林のイメージがあまりないのですが
調べてみたら、やはり少ないですね。

森林率という数値でみると、全国平均は67.3%であるのに対し、
千葉県の森林率は約半分の30.7%です。


特に東京に近い北総地区では低いです。

でも、花粉の飛散はそっちのほうが多かったりします(~_~メ)
分からないものですね・・・


では、まずスギ花粉のピークの時期からいってみましょう!


千葉県でのスギ花粉の飛散ピークはまさに今!



ここ数日晴れの日が多かったので
千葉県のほうでもスギ花粉の飛散が非常に多かったようです。

本日(3月30日)も、東京に近いエリアでは花粉の量が
非常に多い予報となっています。

特に、柏、船橋、千葉、成田あたりですね・・・・
きちんと花粉対策していってくださいよ~~!!

このスギ花粉ですが、千葉県での飛散量のピークは
まさにでしょう!!


2月時点での予想では、3月上旬~下旬となってましたが
それよりも若干遅れている(長引いている)ようです。

でも、それも今週くらいがほぼ山場となる見込みです。
4月頭を過ぎればスギ花粉に関しては、徐々に減っていくはずです!


4月下旬には、かなり少なくなっているでしょうね。
5月になってしまえばほぼ終焉・・って感じです。

なので、スギ花粉に関しては、もう少しだけ我慢すれば
その症状はかなり楽になってくるでしょう。

ただし・・・・スギのあとには・・・


千葉県でのヒノキ花粉の状況



スギ花粉の飛散が減ってきても安心はできません。
そうです!

他の地域と同様に、スギ花粉のあとにはヒノキ花粉
やってきます。

千葉県のほうでも、現時点ですでにヒノキ花粉が
飛散していることは確実です。

今後はもっともっと増えてくるでしょう。

このヒノキ花粉に関しては、4月中旬~下旬に その飛散ピークがくるものと予想されてます。


このヒノキ花粉はスギ花粉に比べれば飛散量は少ないのですが
それでも数ある花粉の中で2番めに多いものです。

実際にスギ花粉症を持っている方の7割は
このヒノキ花粉症も持っているというデータがありますので。

なので、4月も引き続き花粉対策をしていきましょう。

このヒノキ花粉に関しては、飛散時期は通常5月一杯です。

5月になれば、飛散量自体はかなり減るとは思いますが
それでも人によっては悪化してくる場合もあります。
(私も何度か経験ありますので・・・・)

花粉に関しては、完全に症状がなくなるまで
油断はしないようにしましょう!

ヒノキ花粉に関してはこちらでも
記事を書いています♪

花粉症2015 今の花粉はヒノキ花粉?
4月の花粉症って何?2015年


【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪
花粉症対策についてはこちらから♪
→花粉症のに関してはこちらから♪
2015年花粉情報についてはこちらから♪
都道府県別の花粉情報はこちらから♪
→鼻水キムちゃんオススメ花粉対策グッズ



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。