So-net無料ブログ作成

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【花粉症2015】薬の強さ~アレロック最強説~

◆【花粉症2015】薬の強さ~アレロック最強説~

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。

本日のお題は、"薬の強さ~アレロック編~"です♪

花粉症の方々にとって、やはり薬の強さって、
とっても気になりますよね(*^_^*)

今回は、かつて私も愛用していた「アレロックの強さ」について
お伝えしていきたいと思います!

花粉症の薬って、非常に多くの薬があるのですが
よく利用されているのが、

「第二世代抗ヒスタミン薬」と呼ばれるものですね。

この「第二世代抗ヒスタミン薬」に関しては、こちらの
記事で詳しい説明をしていますので、よくわからない方は
最初にこちらを読んで頂けたほうがいいかもしれません(*^_^*)
→薬の種類<第二世代抗ヒスタミン薬>ジルテックなど・・

この「第二世代抗ヒスタミン薬」だと、ここ最近
特に有名なのは、「アレグラ」かもしれませんね。


アレグラの市販薬である「アレグラFX」が、かなりの人気のようです。

テレビでも「アレグラ星人」として、有名タレントさんを起用して
面白いCMをバンバン流していますよね(笑)

個人的にかなり好きですね、あのCM。

でも、単純に薬の強さで言うと、このアレグラをいうのは
あまり強い部類ではないのですね。


では、強い薬は何なの?って話になったときに
おそらく多くの人は、挙げる薬があります。

それが、「アレロック」です。

花粉症患者の世界では、「第二世代抗ヒスタミン薬」において、

"アレロック最強説"が広く浸透しているのです!

アレロックとは?


このアレロックという薬は、オロパタジン (olopatadine)という薬の
商品名になります。

アレロック.jpg

国内では、「協和発酵キリン株式会社」というところが
製造販売をしています♪

このアレロックは、私「鼻水キムちゃん」も、かつては
かなりお世話になっていた薬です。

なぜか??

それは、薬の効果(抗ヒスタミン作用)という点において
このアレロックは、一番強いとされているからなんです。


実際に、私がこのアレロックを服用していた理由も
その為だったのですね。

ここで、他の主要な「第二世代抗ヒスタミン薬」との
比較をしていみましょう。

毎度おなじみの相関図です。

薬ランキング.jpg

これは、「絶対的」なものではありません!
あくまで「一般的」なものです。

でも、私が、数多くの花粉症の情報サイト、お医者さん、薬剤師さんの
サイトを見て回り、その意見や感想をまとめたものです。

なので、だいたいのところで合っているでしょう(*^_^*)

この図で言えば、単純に薬の効果という点では

アレロック>ジルテック、ザイザル>タリオン、アレジオン>アレグラ>クラリチン

といった感じになります。
なので、これまでアレグラなどを服用していて効果が
まるで感じられないという方は、このアレロックを試してみるのも
いいかもしれませんね。

ただし、アレロックの場合は市販薬は売っていないので
病院などで処方してもらうしかありません。

あとはアレロックは「効果」も強いのですが、
「眠気」も強いとされています。


この辺は個人差も大きいでしょうね。
私の場合には、アレロックでも眠気はほとんどありませんでしたので(*^_^*)

ちなみに「アレロックに関しての口コミ・感想」はこちらのサイトでたくさん確認することができますよ♪
→YOMIURI ONLINE大手小町「アレロック」

アレロックの副作用に関しては
こちらの記事も参考にしてみてくださいね♪
→【花粉症2015】薬について~アレロックの副作用~


<追記>
一度、花粉症に罹ってしまった方は、、今後の人生において長い花粉症との付き合いになります。
その薬代と治療費も総額で途方もない金額になってしまうのです・・・
もし、薬などに頼る治療ではなく、根本的な改善をしたい・・
と思う方は、是非こちらも参考に読んでみてください。
→私が25年間苦しんだ花粉症を改善した方法

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
花粉症対策についてはこちらから♪
→花粉症のに関してはこちらから♪
2015年花粉情報についてはこちらから♪
都道府県別の花粉情報はこちらから♪
→鼻水キムちゃんオススメ花粉対策グッズ



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。