So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

花粉症 薬 強さ ザイザル

◆【花粉症2015】 薬の強さ「ザイザル編」

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。
今回のお題は花粉症の薬である「ザイザル」の強さについて
もう少し説明していきますね。

118164.jpg



ここ最近は「ザイザル」について結構書いてきました。
もしよかったら、こちらの記事も参考にしてみてくださいね♪

【ザイザル関連記事】
→花粉症の薬 "ランキング" 2015年!
【花粉症2015】薬の「ザイザル」に市販薬はない・・・
【花粉症2015】薬「ザイザル」の副作用について
【花粉症2015】薬「ザイザル」のジェネリック医薬品はあるの?


このザイザル、上記の記事内でもご紹介しているのですが、
花粉症の薬としては、日本では比較的新しい薬です。

もともとは、2001年にドイツでに承認されたこのザイザルですが
日本で承認されたのは、その10年後の2010年なのですね。


他の薬との比較が分かりやすいように、
このサイトにて何度も載せているの「薬の相関図」
今回も載せておきますね(*^_^*)

薬ランキング.jpg

ザイザルは右上のほうに位置していますね♪

ザイザルの特徴は、その「強さ」にあり!


このザイザルの特徴としては、まずはなんといってもこれです。

効果の高さ(強さ)!

図で見てもお分かりのように、現在主流の「第二世代抗ヒスタミン薬」の
中でもトップクラスの効果の強さを誇る薬なのです。


「第二世代抗ヒスタミン薬」って何の薬?って方は
こちらで説明していますよ(*^_^*)

→薬の"種類"と"強さ"について
→薬の種類<第二世代抗ヒスタミン薬>ジルテックなど・・

「第二世代抗ヒスタミン薬」の中では最強とされている
「アレロック」とほぼ同様の強さと考えてもいいらしいです。


もしくは、ほんの少し「アレロックの下」くらいでしょうか?

この「いいらしい」というのは、多くの人の感想や
お医者さんの意見からきています(笑)

「じゃあ、アレロックのほうがいいのではないか?」

となるのですが、ところがどっこい!(古い・・・・・・)


このザイザルには、もう1つ大きな特徴があります。それが、

眠気の少なさ

です。上の図では眠気も強い部類に位置していると感じますが
この効果の高さの割には、眠気を抑えている薬になります。

もともとは、この「ザイザル」は「ジルテック」という
薬から改良されたもので、

「ジルテック」の効果の強さを保ちつつも
眠気を抑えたもの・・・・
という位置づけになっているのです。

プラス、この「ザイザル」は、薬の吸収が早いので
その効き目も早いという特徴もあります。

さらには、1日1回の服用でいいのも魅力的ですね♪
(アレロックやアレグラなどは1日2回)

なので、
  • 花粉症の症状が酷くてたまらない
  • 多少の眠気は起こるかもしれないが・・・
  • それでもなんとか症状を抑えたい・・

という方には、このザイザルが良いのではないかと思いますね。
是非、お医者さんに相談してみましょう♪(ザイザルは、残念ながら市販薬では売っていません・・・)

<追記>
一度、花粉症に罹ってしまった方は、、今後の人生において
長い花粉症との付き合いになります。
もし、薬などに頼る治療ではなく、根本的な改善をしたい・・
と思う方は、是非こちらも参考に読んでみてください。
→私が花粉症を改善した方法

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
花粉症対策についてはこちらから♪
→花粉症のに関してはこちらから♪
2015年花粉情報についてはこちらから♪
都道府県別の花粉情報はこちらから♪
→鼻水キムちゃんオススメ花粉対策グッズ



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。