So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【2015花粉症】子供の病院-選び方のコツ!


◆【花粉症シーズン】子供病院-選び方のコツ!

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。
3月にも入り、本格的な花粉症シーズンになりましたね。

なんだか毎朝、テレビで「本日の花粉情報は・・・」なんて
言っているのを聞くと、

「ああ・・・・始まったな・・・・(*_*;」

て思ってしまうのです。

今回は、子供花粉症になってしまったときの
病院の選び方についての話題です(*^_^*)

086185.jpg

近年は花粉症の「低年齢化」が進んできていて
幼稚園児や小学校低学年の年齢でも、花粉症の症状が
出てきている子供が増えてきていますね。



その内、学校でも、教室の中に「花粉対策」として
空気清浄機なども設置されるようになるのでしょうか?

でも、ここまでくると、行政の方でも、しっかりとした
「子供の花粉症対策」というものも検討していかなくては
いけない時期になってきているのかもしれません。


花粉症って、春先のスギ花粉やヒノキ花粉だけでは
ありませんからね。

特に田んぼに近い学校では、夏~秋のイネの花粉による影響が
大きいところもあり、たしか以前に集団でのイネ花粉症に
かかってしまった学校もあるくらいです。


でも、地域によっては、「無花粉スギ」の開発や育成もなどが
進められているところもあります。

皆さん、この「無花粉スギ」ってご存知ですか?

なんと「無花粉スギ」とは、花粉を全く飛散しないスギのことで、まさに"夢のスギ"なんですね♪

”花粉症対策の切り札”ともされているこの「無花粉スギ」
に政府のほうももっともっと本腰を入れてくれないかな~~~
(入れているのかな・・・)



◆まずは、きちんと観察しましょう!


スギ花粉症の季節である2月~4月の時期は
まだまだ寒い時期でもありますし、風邪を引きやすい時期でもあります。

なので、一見、花粉症の症状に見えても 実は風邪だったり、
花粉以外のアレルギー性鼻炎かもしれません。


風邪と花粉症の見分け方については
こちらで記事を書いていますのでよかったら参考にしてみてください!

【風邪と花粉症の違い】
→花粉症2015 風邪との見分け方は?
→花粉症2015 風邪かも?わからないときにはコレ!


上の記事を読んでもらえれば、「風邪」と「花粉症」の違いは
比較的判断しやすくなるでしょう。

あ、でも、これは補足なのですが、
通常、大人の場合の花粉症の鼻水は「サラサラタイプ」が
多いのです。

ですが、子供(特に小さい子供)の場合には、
ネバネバ状のものときも結構あるみたいですよ。

(一応、頭に入れておきましょうね)


でも、もっと難しいのは、アレルギー性鼻炎などによる鼻水や
鼻詰まりのケースですよね。

だって、症状でいったらほとんど同じです。
ただ、その原因となっているアレルギー物質の違いですから。

一番てっとり早い判断方法ですが、

気温が高く天気が良い日に
こういった症状が強く出ている場合には、
花粉症の可能性が高いですね。



病院よりも先生!


さて、前置きが長くなってしまいましたが、

子供をどこの病院、どこの科に連れて行くか・・

子供の受診.jpg

これって、親なら花粉症じゃなくとも
いつも迷ってしまうものじゃないですか?

まあ、明らかに明確な場合もありますけどね(*^_^*)

でも、「花粉症」の場合は非常に難しいですよね。
「花粉症科」なんてものはありませんから(笑)

選択肢としては、

  • 内科
  • 耳鼻咽喉科
  • 小児科
  • 眼科
  • 皮膚科
  • アレルギー科(ここがベスト)

といったところでしょう。
私が小さい頃には、ほとんど耳鼻咽喉科に行っていました。

今から30年ほど前なんて、今ほど「花粉症」に関してが
騒がれていませんでしたからね。

でも、今は違いますね。
目の症状が酷い場合には、眼科に行くかもしれませんし、
小さい子供の場合には、小児科に行くかもしれません。


結論から言いましょう(あくまでも私の個人的なものですが)

子供の花粉症の病院を選ぶ際に、重要視する点は
以下の2つです。


1 「アレルギー専門医」であれば安心
2 花粉症に関して詳しい



「アレルギー専門医」とは

「アレルギー学に強い関心と専門知識を持ち、アレルギー臨床経験と実績があり、高い水準でアレルギー疾患の診療を行う能力のある医師」

として認定された医師のことです。
「何科」とか関係ありません。

102046.jpg

試しにこちらの「全国アレルギー専門医検索」にて
お住まいの地域で検索してみてください。

→日本アレルギー学会専門医・指導医一覧(一般用)
(この検索にかからないお医者さんもいます)

一覧を見てみると、専門として「小児科」だったり
「アレルギー科」の先生もいます。

他にも、「小児科」「耳鼻咽喉科」「内科」の先生もいます。

個人クリニックを開業している医師でも、この「アレルギー専門医」の
資格を持ってる先生は沢山います。


基本的に、この資格を持っているお医者さんであれば、

・花粉症にも詳しい
・自分で勉強している


と思ってもいいのでしょう♪

ま、もしかしたら、「単なる資格」として取得した
先生もなかにはいるかもしれませんが・・・(*_*;


なので、まあ、一番言良いのは、

「アレルギー専門医」であり、
さらに医師として信頼できる人


というものになるのでしょうね。

この「アレルギー専門医」の資格は持っていなくとも、ご自分の 長い経験と勉強でもって、それに匹敵する。もしくはそれ以上の 花粉症に関する知識を持っているお医者さんです!

そういった先生にこそ自分の子供を診てもらいたですよね。
(残念なことですが、そうじゃない医師もたくさんいます・・・)


もちろん人柄も大切ですけど、私達が自分の子供の為に 望むことは、確かな腕ですからね♪


なので、まとめると"子供の花粉症の病院選び"というものは

病院の「何科」よりも、むしろ「先生(医師)そのもの」
で選びましょう!


ということになりますね。
これが簡単でないのは理解してますよ。

でも、自分の愛する子供のためにです!
そこは妥協せずに探していきましょう!

キムちゃん子ども.jpg

<追記>
子供にとっては、今後の人生、長い花粉症との付き合いになります。
もし、薬などに頼る治療ではなく、根本的な改善をさせてあげたい・・
と思う方は、是非こちらも参考に読んでみてください。
→私が花粉症を改善した方法

→【子供の花粉症に関する他の記事はこちらです♪】

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
花粉症対策についてはこちらから♪
→花粉症のに関してはこちらから♪
2015年花粉情報についてはこちらから♪
都道府県別の花粉情報はこちらから♪
→鼻水キムちゃんオススメ花粉対策グッズ


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。