So-net無料ブログ作成

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【2015花粉症】子供に市販薬は安全?

◆【2015花粉症】子供に市販薬は安全?

おっはよ~ございます!「鼻水キムちゃん」です。

ここ最近では、主に子供の花粉症に焦点を当てて
記事を書いています。

今回は、子供が花粉症になってしまったときの「市販薬」
についてのことです。

私も子供を持つ母の身なので、子供のこととなると
結構、力が入ってしまうのですよね(*^_^*)

でも、このサイトでも、何度も書いていることなのですが

近年では、子供、しかも、まだ小さい(小学校低学年や就学前でも)
年齢でも花粉症が発症しているケースが増えているようです。



16歳以下の年代でも全体の3割が花粉症になって
いるとのこと。

これは、まさに「国民病」となってきてますよね・・・∑(゚д゚lll)ガーン


さあ、本題です。子供が花粉症になってしまった時の
市販薬についてのことですが・・・・

その前に・・・

そもそも、お子さんは本当に花粉症ですか??


市販薬よりも・・・処方薬がオススメ



花粉症の市販薬を買うのは簡単です。
この時期、薬局に行けば、どこでも花粉症のコーナーがあるものです。

そこにいけば、簡単に子供用の市販薬を
見つけることができるでしょう。


でも、その前に・・・

ポイント.jpg まずは、子供が本当に花粉症なのかどうか確認しましょう!!

冬から春先の季節というのは、風邪も引きやすいですし、
気温差も激しいものとなりますので、鼻水も出がちです。


この辺はこちらの記事も参考にしてみてくださいね(*^_^*)

【風邪と花粉症の違い】
→花粉症2015 風邪との見分け方は?
→花粉症2015 風邪かも?わからないときにはコレ!

また、部屋を閉めがちでエアコンをよく使う季節なので
花粉以外のハウスダストによるアレルギー性鼻炎も起こりやすいでしょう。


なので、これらを「これは花粉症だ!」早とちりしてしまい
すぐに薬局で花粉症の市販薬などを飲ませないようにしてくださいね!!


必要ない薬は、子供の体には決して良いものではないです。
むしろ有害なものでしょう。

私がオススメするのは、ベタな方法なんですが

まずは病院にいくこと!!

子供の受診.jpg

耳鼻咽喉科や内科、小児科になると思いますが
それに加えて、アレルギー専門医のいるところであれば
尚GOODです!!

アレルギー専門医に関してはこちらの記事を参考に
してみてくださいね♪
→子供は何科を受けるのかいいのでしょう?


そうすれば、自分の子供が花粉症なのかどうか
判断してくれます。

場合によっては花粉症の検査もしてくれるでしょう。

最初に、「知ること」。これが重要ですね♪

そして、それを踏まえ、お子さんに最適な花粉症の
処方薬を出してくれます。
(勿論、花粉症に関して、信頼できるお医者さんに!これが重要!)

確かに病院に子供を連れて行くのって、結構大変です・・。
特に仕事をされているお母さんやお父さんにとっては。

でも、薬って、花粉症に限らず、場合によっては
子供の健康面、安全面にも大きく関わってくることです!



なので、鼻水キムちゃんとしては、「市販薬」よりも
まずは「お医者さん」「処方薬」というものを強くオススメしますよ!!

薬を飲む必要があるのであらば・・・ですけど(*^_^*)

<追記>
子供にとっては、今後の人生、長い花粉症との付き合いになります。
もし、薬などに頼る治療ではなく、根本的な改善をさせてあげたい・・
と思う方は、是非こちらも参考に読んでみてください。
→私が花粉症を改善した方法

→【子供の花粉症に関する他の記事はこちらです♪】

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
花粉症対策についてはこちらから♪
→花粉症のに関してはこちらから♪
2015年花粉情報についてはこちらから♪
都道府県別の花粉情報はこちらから♪
→鼻水キムちゃんオススメ花粉対策グッズ


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。