So-net無料ブログ作成

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

花粉症の子供。治るのでしょうか?

◆花粉症の子供。治る可能性はあるのでしょうか?

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。

先日、私の8歳の子供が「もしかして花粉症かな・・」
なんて心配をしていたのですが、

どうやら取り越し苦労だったみたいです(笑)
その後、なんてことなく普通の状態に戻りました♪

いや~~良かった(*^_^*)

だって、やはり自分が花粉症には、長年悩まされてきただけに、自分の子供には、同じ思いをさせたくはないですからね。

私が自分が花粉症だとはっきり自覚したのは、中学生のときです。

でも、実際には、それ以前の小学校のときから
花粉症の症状には悩まされてきました。

長かったですね・・・・私のプロフィールにも書いてことなのですが
25年以上ものあいだホントに苦しみましたから(;O;)

あの苦しい思いだけは自分の子供にはさせたくは
なのです。


ちなみに、子供の花粉症の発症率というものは
年々上昇していて、約3~4人に一人の割合にまでなっています。


この背景には、

  • スギ花粉の飛散量の飛散量の増加
  • 大気汚染などの環境問題
  • 食生活の変化

などが深く関係しているとされていますね。


子供が花粉症になってしまったら・・・親としてどうする?


私が個人的に思うのは、やはり環境と食生活が
大きいのではないと思うのですよね。

花粉症にならないための、
理想的な食生活なら基本的には、
  • いわゆる肉食中心の欧米型の食生活はしない
  • 緑黄色野菜、魚を中心とした和食スタイル
  • スナック菓子、ジャンクフードは食べない

とし
腸内の善玉菌を増やす発酵食品を積極的に食べていく
というものになるのでしょう。

環境的には、やはり大気汚染から遠ざかった場所での
生活のほうがいいですよね♪

あとはストレスを溜めない生活環境も大切です。
でも、それはあくまでの「理想」ですよね(笑)


どんなに気を付けていても、花粉症になってしまうこともあるでしょう。

問題はここからですよ。


子供にとって、一度花粉症を発症してしまったら
何もしない限り、ほぼ確実に一生、花粉症と付き合っていくことになります。


その間に、一体、
何度病院に行くことになるのでしょうか?


一体いくらの金額を,
花粉症に費やすことになるのでしょうか?


(ちなみに私は25年間で少なくとも37万円以上は払ってきました・・)

子供が小さいときには、もちろん、親である私達の負担になります。
そして、子供が一人立ちした後は、何十年と子供の負担になることは確実です。

それって、あらためて考えると
時間的、経済的、精神的にも大きな負担です。

とっても大きな負担です。


中学生、高校生にもなってくると、花粉症の時期と
大切な受験も重なってきますからね・・・・

そんなことを考えると、なるべく早い段階で
子供の花粉症を根本的に改善してあげたいと思ってしまうのが、親である私の本音です。


何もしなけらば、一生、花粉症の薬を飲み続けることになります。
解決するには、何かしらの行動をするしかありませんね。

花粉症を治すには、様々なアプローチがあるでしょう。

それは、食事の改善だったり、今話題となっているスギ花粉の「舌下免疫療法」をするのも1つの方法です。
→舌下免疫療法に関してはこちらを参考に!

なんだか今回は、ちょっといつもとは違う感じの記事と
なってしまいましたね(^_^;)

もし、私と同じ思いをしている親御さんがいましたら
こちらの記事も参考にしてみてください。

もしかしかしたら、大きな"転換"になってくれるものに
なってくれるかもしれません。
→私が花粉症を改善した方法

→【子供の花粉症に関する他の記事はこちらです♪】

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
花粉症対策についてはこちらから♪
→花粉症のに関してはこちらから♪
2015年花粉情報についてはこちらから♪
都道府県別の花粉情報はこちらから♪
→鼻水キムちゃんオススメ花粉対策グッズ


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。