So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【2015花粉症】子供の対策は?

花粉症のかかってしまった子供への対策はどうする?

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。
本日は、「子供の花粉症の対策」についての記事です(*^_^*)

2015年もいよいよ本格的な花粉シーズンに突入しました。
突入してしまいましたね・・・頑張っていきましょう(;O;)

057925.jpg

ところで、私には8歳になる子供がいるのですが、

なんと最近、夜に鼻づまりが
酷くなってきているのですよね。
昼間には目が痒い・・とも言ってきていますし・・

「もしや・・これは花粉症なのか・・・」

「8歳だから、花粉症になっても全然おかしくない・・・」


ま、確かにうちの子供は、卵など、若干アレルギー体質のところが
あるので、花粉アレルギーも持っているかもしれないですね。



このところ、子供の花粉症、つまり「小児花粉症患者」というものは
の年々増加傾向にあり、しかも低年齢化が進んでいるようです。



しかも、両親がスギ花粉症の場合、理論的には
なんと、その子どもはほぼ100%スギ花粉症になるらしいですよ。



子供の花粉症の場合、特に小児の場合は、自分で花粉症の症状を
伝えることが難しいでしょう。

なので、日頃からお母さん、お父さんが、しっかりと
子供の様子を観察してあげることも大切ですよね。


花粉が飛ぶ時期に、小さいお子さんが口呼吸をしているのであれあば
それは「鼻詰まり」を起こしている可能性があるわけです!!


子供の花粉症への対策の基本



小さい子供の花粉症の特徴としては、 「鼻詰まり」により傾向が出やすいです。

通常の花粉症の症状といえば

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻詰まり
  • 目の痒み

あたりですよね。

でも、小さい子供の場合には、この中でも
特に「鼻づまり」が目立つのです。

この理由なのですが、小さい子供の場合には、まだ鼻の穴が小さいです。

一旦花粉が鼻に入り込み、そのアレルギー症状にて
鼻の粘膜が腫れて、鼻づまりを起こしてしまうと、もうそれ以上、
多くの花粉は鼻の奥には入ってこないためだとされています。


なので、くしゃみも少なくなりますし、鼻水も大人ほどは出てこない・・
となるのですね。

でも、その分、鼻詰まりの症状は大人よりもシンドイもの・・
と思ってもいいでしょうね。(可哀想なんです・・・・)

子供の花粉症の対策としは、
大人の場合と全く一緒です。

基本は花粉の遮断!!

マスクの着用。
必要であれば花粉対策メガネをさせる。
(サイズに注意しましょう!すぐに落ちてしまうのは意味ないですし、なにより危険!)

帰宅時には、花粉をしっかりと払い落とす。

着る衣服も、ウールのセーターやカーディガンは禁物です! これらの服は、花粉が非常に付着しやすいのです。


一番いいものは、ポリエステル、ビニール生地のものです。

ようするに「ツルツル」した素材です。
こうしたものであれば、花粉は付着しにくいです。

ちなみに、ウールのセーターと、ツルツルのポリエステル素材とで
付着する花粉の量を比較すると、その差はなんと4~8倍もあるそうです。

もちろん、ウールのほうが多く花粉が付着するのです!

まあ、ここに挙げたこと以外にも
まだまだ、たくさんありますね。

でも、こういった感じで普段の生活の中で
親ができることはなるべくしてあげたいですね!

<追記>
子供にとっては、今後の人生、長い花粉症との付き合いになります。
もし、薬などに頼る治療ではなく、根本的な改善をさせてあげたい・・
と思う方は、是非こちらも参考に読んでみてください。
→私が花粉症を改善した方法

→【子供の花粉症に関する他の記事はこちらです♪】

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
花粉症対策についてはこちらから♪
→花粉症のに関してはこちらから♪
2015年花粉情報についてはこちらから♪
都道府県別の花粉情報はこちらから♪
→鼻水キムちゃんオススメ花粉対策グッズ



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。