So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【花粉症2015】薬について~アレロックの副作用~

◆【花粉症】薬について~アレロックの副作用~

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です!

今回は、花粉症の薬として有名な「アレロック」について、
そして、その副作用のことも書いていきます♪

アレロック.jpg
(実際に私が服用していたアレロック)


ところで、いよいよ2015年も「花粉症シーズン」に突入しましたね。

バレンタインデーである本日2月14日。
全国的に見ても花粉が結構飛散しているようです。


私がいつもチェックしているサイトの花粉情報では、
本日、花粉が「多い」「やや多い」とされているのは、

近畿地方ー和歌山県
中国地方ー山口県
四国地方ー徳島県、愛媛県、高知県
九州地方ー福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、
     大分県、宮崎県、鹿児島県
     
特に九州地方で飛散が始まっています。

これはもうじき、大阪などの西日本。東京などの東日本にも
確実に広がってくるでしょうね・・・


もう、すぐにでも花粉症の薬を処方してもらうのが
一番なのですが、私の場合、よく利用していたのが

「アレロック」という薬です。

この「アレロック」が私にとっては、色々な意味で
一番使い勝手が良い花粉症の薬でしたね♪

ただし、この「アレロック」だけの話ではないのですが
薬には”副作用”という問題もあります。


花粉症の薬「アレロック」とは?


以前、このアレロックについては
簡単ですが、このサイトでもご紹介しました。

こちらの記事です→薬で"最強"なのはどれ?


あと、花粉症の薬については、こんな記事も
書いているので、よかったら参考にしてみてください♪

→薬はお早めに!!
→薬の"種類"と"強さ"について
→薬の種類<第二世代抗ヒスタミン薬>ジルテックなど・・


このアレロックは、「第二世代抗ヒスタミン薬」とか
「第二世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬」「塩基性抗アレルギー薬」
などといった呼ばれ方もされるようです。

なかなか難しい呼び方なのですが・・・笑。


このアレロックですが、最近花粉症の薬では主流である
「第二世代抗ヒスタミン薬」の中でも、最も効き目があると言われています。


しかも、その副作用も”少ない”という評判です。
(但し、一般的には眠気が強い部類とされています)

実際に私がこのアレロックを服用していたときも、
その副作用というものは、ほとんど感じられませんでした。

でも、正直、薬の「副作用」って、とにかく個人差が
大きく出てくるものです。


それは、このアレロックにしても同様です。
具体的には、以下のような「副作用」が出てくる可能性があります。

  • 眠気
  • 口の乾き
  • 運動能力の低下

です。

ここで一番問題なのは、「眠気」でしょう。



特に仕事している方、勉強している学生さんにとっては
本当に重大な副作用となってきますよね。

110117.jpg

あとは、車の運転をする人にとっても重要なことです!
もしかしたら大きな事故にもつながりますから・・・

なので、この辺はお医者さんと相談しながら
試していく・・・としか言えませんよね、正直。

私のように、ほとんど副作用の見られない人もいますし
「アレロックは眠くなって仕方ない・・・」という方がいるのも事実。


ここは、テストをするしかありません。

ちなみに、それぞれの「第二世代抗ヒスタミン薬」の効果と眠気の比較は
こちらの記事で詳しく書いています♪
→【花粉症2015】薬で一番効くのは何?


花粉症になりたての最初のころは大変でしょうが、
頑張ってご自分にとって最適な薬を見つけてみてください!


あ、あとこれは意外に知られていないことですが
アレロックには、もう一つの「副作用」が出てくることがあります。

それが「食欲」です!!∑(゚Д゚)ガーン

ま、この「食欲」という副作用が生じる確率は
0.1%程度という話です。

でも、私の周りの意見を聞いてみるともう少しある気がしますね(笑)
女性のかたはちょっとだけご注意くださいね(*^_^*)


あとは、重大な副作用としては、
劇症肝炎、肝機能障害、黄疸というのも稀にあるようです。

ですが、これらは「頻度不明」となっていますので
そこまで気にする必要もないのではないかと思いますね。

ただし、もし何らかの異常が認められた場合には、
薬の服用を中止し、すぐにお医者さんに診てもらいましょう!!

→「アレロック」についての詳細はこちらの PDFで確認できます♪


以上、今回は花粉症の薬である「アレロック」の副作用に
ついて簡単ですが、ご説明しました!


【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。