So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【花粉症2015】薬の"種類"と"強さ"について

◆【花粉症】薬の"種類"と"強さ"について

花粉症の薬って、たくさん種類ありますよね・・・・
どれがいいのだろう・・・強さも違うみたいだし・・

「はぁ・・・・」

落ち込む.jpg

なんてことはありませんか?

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。
おそらく多くの花粉症持ちの方って、こんな感じなのではないでしょうか?

花粉症歴は長いのだけれども、薬のことについては
ほとんど何も知らない・・・



実は、恥ずかしながら、私、「鼻水キムちゃん」も
同じような感じだったのですよ(*^_^*)

毎年、病院に通っては、自分の症状を診てもらい
あとはお医者さんに出してもらうお薬を試す。

もし、それで効き目がなければ、それをお医者さんに伝え、
場合によっては違うものを処方してもらう・・・

という感じだったのです。


まあ、信頼できるお医者さんにかかっていたので
信頼していたというのもあります。

でも、もっと花粉症の薬について知識があったほうが
良いに越したことはありません!


なので、この機会に、これまで自分で調べたことを
このサイトでも、簡単にご紹介していきますね♪

調べてみると、結構細かい情報を載せてくださっている
サイトなどもたくさんあります(^'^)

でも、あんまり細かく詳細を並べても、あまり頭には
入ってきません。

なので、このサイトでは、なるべく簡単にシンプルに
花粉症の薬、その効果、強さについてご説明していきたいと思います。

まず、今回は、花粉症に使われる薬の種類と
その強さについて、簡単にご紹介し、次回以降、
さらに細かく説明していきたいと思います。

<追記>
この記事では、基本的なことを説明していますので
てっとり早く薬の強さの比較を知りたい方はこちらの記事へ♪

【花粉症2015】薬で一番効くのは何?

118164.jpg


花粉症の薬の種類とその強さ



まず、最初に確認しておきましょう!

「花粉症」というものは、「花粉」が体内に侵入してくることによって
引き起こされる"アレルギー症状"です。


これは、花粉という『アレルギーの原因になる物質』によって
私達の体内に「ヒスタミン」という物質が作られるからです。

この「ヒスタミン」の発生によって、神経や血管が刺激されて
引き起こされる症状(クシャミ・鼻水など)が、花粉症なのです!

なので、基本的に、花粉症の薬というのは
この「ヒスタミン」という物質に働きかけるものとなります♪

(おそらく・・・(^_^;))

つまり、この「ヒスタミン」の発生そのものを抑制するものだったり
もしくは、発生した「ヒスタミン」の働きを抑えるものだったりするのですね。

ここを頭に軽く入れておきましょう♪



花粉症の薬ですが、大きく分けて3種類あります。

その効果、強さも徐々に強くなってくると思って下さい!


【1】抗アレルギー薬

花粉症の治療薬としては。まず最初に処方されるものです。

この「抗アレルギー薬」は、先ほどのヒスタミンの発生と放出を
抑える効果を持った薬です。


それにより、その症状を軽くしたり、
または症状が出始めるのを遅らせる効果を持っています。


この「抗アレルギー薬」は、すでに本格的に症状が出ている状態では
効果が薄いものとなります。


ただし、花粉の時期に、継続して飲み続けても、大きな副作用の
心配はないものです。


しかし、現在は、"ヒスタミン効果"のある抗アレルギー薬が主流となってます。

こちらでさらに詳しく説明してます♪→"ヒスタミン効果"のある抗アレルギー薬



【2】抗ヒスタミン薬

花粉アレルギーの原因となっているヒスタミンの働きを抑えるものです。
市販されている薬の多くに含まれています。

すでに発症している症状に対しても効果があるもので、
抗アレルギー薬に比べて。よりハッキリとした効果が期待できます。


ただし副作用として、眠け、口の渇き、倦怠感などがあります。



【3】ステロイド(副腎皮質ホルモン)

効果が非常に強力なもの!

「抗アレルギー薬」や「抗ヒスタミン薬」では、全く効果のなかった症状でも
劇的な改善が見られることがある薬です。

ただし、このステロイド剤は、強い副作用があります。
体の様々な機能のバランスに影響を与える可能性があるためです。


副作用としては、感染症、胃潰瘍(いかいよう)
骨粗鬆症、抑鬱(よくうつ)など、様々なものがあります。

花粉症の治療で使用される程度では、あまり心配する必要も
ないみたいですが、それでも最後の手段というものになるでしょう。


以上、簡単ですが、花粉症の薬の種類と強さを
ご説明してみました。

次回以降、さらにもう少し詳しく説明していきますね!
こちらに続きます→【花粉症2015】薬の種類<第二世代抗ヒスタミン薬>ジルテックなど・・

<追記>
一度、花粉症に罹ってしまった方は、、今後の人生において長い花粉症との付き合いになります。
その薬代と治療費も総額で途方もない金額になってしまうのです・・・
もし、薬などに頼る治療ではなく、根本的な改善をしたい・・
と思う方は、是非こちらも参考に読んでみてください。
→私が花粉症を改善した方法

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
花粉症対策についてはこちらから♪
→花粉症のに関してはこちらから♪
2015年花粉情報についてはこちらから♪
都道府県別の花粉情報はこちらから♪
→鼻水キムちゃんオススメ花粉対策グッズ


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。