So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【花粉症2015】目薬を処方してもらいましょ!

花粉症の症状が目に出てきたら、すぐに目薬を処方してもらいましょう!

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。
今回は、「花粉症の目薬の処方」についてです。

ところで、本日は、2月4日になります。
まだ花粉症の症状は出ていませんか?

花粉症の飛散情報を見る限り、まだそこまで飛んでいませんね~。

でも、こうした時期って、いっつもソワソワしてしまいます。
いい意味での「ソワソワ」ではありませんよ・・

「いつ来るのか?花粉がいつから飛散してくるのか?」
といった感じのソワソワ感です・・・

花粉の粒子イメージ.jpg
まだ、気温がそこまで高くはなっていないので
あまり心配はしていないのですが、ここから天気がよくなってきたりして
暖かい日が続いたりすると、ちょっと要注意ですよね・・・



私の場合は、最初に花粉を感じるのは目なんですよ。
(何度も書いているんですが・・・)

目に、なんか違和感を感じます。
それはホントに微妙な違和感です。

  • ゴロゴロ
  • ちょっと眩しい感じがする
  • かゆい

とまではいきません。

そこまではっきりとしたものではないのですが、
なんとな~~く、最初は「些細な違和感」なんですよ。


目のヘルプ.jpg

もう、これを感じたらヤバイです!!

「花粉到来」を意味します!!


おそらく、私の場合は、花粉症の目の症状に最も
困った記憶が強いので、

花粉症における目のことに関して、
ちょっとした"恐怖感"のようなものがあるんです。

だからこそ、余計に敏感に感じるのでしょうね・・

目に症状がでてきたら、すぐに目薬の処方を!



もうね・・・・これは基本中の基本!

目に症状が出てきたら、すぐに病院で目薬を処方してもらいましょう!

点眼.jpg

とりあえず、コレから始めます。

というか、本当だったら、症状が出てくる前に
目薬を処方してもらうのが一番オススメです!



でも、こういった初期療法を確実に実行している方って
正直あまりいないのではないでしょうか?


これは、私も以前はそうだったのですが、
花粉症の症状が出てから、初めて何かしらの対処をする・・・
というケースがどうしても多くなってしまうのですよね。

まあ、それはそれで仕方ないです。

花粉症における目の症状とは

  • 痒み
  • 充血
  • 目やに
  • かすむ
  • 眩しい

などがあります。

これらは、花粉によって、目が「季節性アレルギー性結膜炎」
起こしてしてまっているからです。

「季節性アレルギー性結膜炎」に関してはこちらの記事
参考にしてみてください♪
→【2015花粉症】目の症状~季節性アレルギー性結膜炎~に注意!


すぐに病院にいけない場合には
とりあえず薬局などにいって、市販の目薬を買うのが良いでしょう。

目薬.jpg

最近は沢山の目薬がありますからね。

昔は市販のものは効かないという印象がありましたが
今はそんなこともないみたいですね。

人によっては、病院で処方された目薬よりも
市販のほうが効き目あると言っている友人もいるくらいですから(*^_^*)


大事なことは、とりあえず、症状がまだ軽いうちに
なんらかの処方をするということです!!!


ここくどいようですが、とっても重要なので
是非、皆さんも実行するようにしてくださいね♪

→花粉症の「目」に関しては、こちらのほうで 記事をまとめています。


では、次回は花粉症の目薬の種類について
簡単に説明していきますね(*^_^*)

こちらになります♪→【花粉症2015】目薬で予防しよう!

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。