So-net無料ブログ作成

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

2月に花粉症!in東京【2015年】


◆2月からは、いよいよ花粉症シーズン。東京は酷かった・・

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。
さあて、本日から2月に突入しましたね。

ついに始まりますか・・・花粉がもうじき飛びます・・
花粉症の時期ですね。

とくに今年の2015年は、「関東地方」
1番の"花粉症警戒地域"です!!


100054.jpg


昨年の2014年と比べると
スギの花粉飛散量が2~3倍という予測がされています。


こんな感じです。

関東データ.JPG

他の地域も見たいという方はこちらの
記事を参考にどうぞ!
→2015年の花粉情報を先取り♪


特にその中でも、東京が数値は一番高くなっていますね。
(前年比ですが)

東京にお住まいの花粉症の方々にとっては、
2015年の2月~4月のスギ&ヒノキ花粉は、ちょっと手強くなりそうです。

2月1日の現時点では、東京の花粉飛散量というものは
まだまだ少ないようですが、

今後、気温が上がってくるとともに、花粉の飛散が
始まってくると思います!!



前回の時には、私の栃木~東京での花粉症のことを
少し書きました。

こちらです→1月の花粉症状況 in東京【2015年】


で、学生時代に栃木ではなかった1月にも
東京では花粉症の症状が出たことを書きました。

加えるなら、2月にもけっこう酷い時期があったのです。
これって、何ででしょう?

都会なので、周りにスギなんてほとんどなかったのに・・・・・


都会で花粉症が酷くなる理由


確かに私が、学生時代に住んでいた小金井という場所は
東京の中では、「田舎」の部類でしょう。

高層ビルなんかありませんし。
でも住宅地なので、家ばかりです。

もちろん多少の林だったり公園もあるので
スギもあります。

でも、
それでも、栃木に比べたら雲泥の差です。

じゃあ、なんで、1月~2月の時期において
栃木よりも東京のほうが花粉症の症状が酷くなったのでしょうか?


103552.jpg


原因の1つには、「アスファルト」があるようです。

栃木のような田舎よりも、東京のような都市部のほうが
アスファルトの面積が圧倒的に多いです。

アスファルト.jpg

このようなアスファルトだと、そこに落ちてきた花粉が
風などで、また再び空中に舞い上がりやすいのです!

これはなんとなく想像できますよね。


家で掃除機をかけていても、「じゅうたん」と「フローリング」では
ホコリの舞い上がり方が全く違います。

それと一緒なんでしょうね。

それプラス、車の排気ガスなどの影響などもあるみたいですね。
(この辺については、また別の機会に記事にしたいと思います)

とりあえず、今年のスギ花粉症は
関東、特に東京にお住まいの方々は要注意です!

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。