So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【花粉症2015】目薬が、目にしみるんだけど・・・

◆【花粉症2015】目薬が、とっても目にしみるんだけど・・・どうすればいい?

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。

花粉症の悩んでいる方の数って、
年々増加の傾向にあるようですね・・・。

これが、戦後に日本中で植林されたスギ林が
成長して、ちょうど花粉を撒き散らす時期になってきたことが
その大きな原因とされていますね。

杉林.jpg

でも、どこかで読んだ情報なのですが、スギに関しては
もうじきピークを過ぎるとか・・

で、次にその花粉飛散のピーク時期(1年のじゃなくもっと長期間の)
を迎えるのがヒノキらしいです。

なので、もしかしたら、将来にはスギ花粉患者よりも
ヒノキ花粉の患者のほうが増えるのかもしれませんね。


◆花粉症の目薬が、やけにしみるときの対処法



さてさて、今回の本題に入りましょう!

花粉症の代表的な症状の一つに
目の症状があります。

  • 目の痒み(かゆみ)
  • 目の充血
  • 目の違和感(しょぼしょぼ、ゴロゴロ、ブヨブヨなど)
  • 涙目
  • まぶしい


などです。


これらは、花粉が目などに侵入して引き起こされる
「季節性アレルギー性結膜炎」が原因と言われています。

「季節性アレルギー性結膜炎」については
こちらの記事も参考に♪
→【2015花粉症】目の症状~季節性アレルギー性結膜炎~に注意!



こんなときには、市販の目薬だったり
病院で処方された目薬を使うのが一番です。

点眼.jpg

まず、最初の選択肢としては
「抗アレルギー点眼薬」の目薬を試すのが通常です。


それでも、効き目がないときには
「ステロイド点眼薬」のタイプを使うことになるでしょう。


でも、たまに目に合わないものもあります。
もしくは、そのときの症状に合わないというケースでしょうか?

目薬を使うと、

やけに目にしみる・・・・
痛いくらいで涙が出てくる・・・


目のヘルプ.jpg

なんてケースです。


こんなときって心配になるものです。

「この目薬って、大丈夫なのかな?」
「目に傷があるのかな・・」

って思いますよね。


じゃあ、こんなときはどうすればいいのでしょうか?

「鼻水キムちゃん」の答えとしては
ごくありきたりなものなんで、申し訳ないのですが、

あまりにも目にしみるのであれば、医師に相談しましょう!

というものになってしまいますね(~_~メ)


正直、目薬って、

同じ目薬を使っていても、
しみる人もいれば、しみない人もいるものです。


さらに、その時の目の炎症具合いや
体調などによっても違ってくるのです。


なので、はっきりとした「正解」というものは
存在しないのです。



実際に、私もこれまで多くの花粉症の目薬を使用してきましたが
何度もそうった経験があります。


鼻水キムちゃんの判断基準としては
しみる、しみないよりも

痒みがおさまるか、おさまらないか・・・てことで判断していましたね。
ようするに目の症状が改善するかしないかです。

やっぱり、ここが重要だと思うのです。


でも、これは、私が花粉症の経験が長いので
ある程度自分で判断出来た部分も多いかと思います。

なので、オススメとしては
やはり不安を抱えるながら、使用するよりも
お医者さんに相談してみましょうということですね。

もっとあなたにあった目薬を処方してくれるかもしれません。

こうなると、やはり、信頼できるお医者さんを
見つけることが大切になってきますね(^'^)


→◆花粉症の目に関する記事一覧はこちらです


【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】
→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪




スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。