So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

【2015花粉症】PM2.5との症状の違いって何?

◆【2015花粉症】PM2.5との症状の違いって何?

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。

今回も、花粉症と「PM2.5」についての
情報をお届けします。

ここ何回かの記事では、花粉症の症状に関連してくる
「PM2.5」についてのことを書いてきました。

前回の記事では、花粉症&「PM2.5」対策として
それに対応できるマスク使用についてもご紹介しましたね。

こちらです→花粉症とPM2.5の影響で咳が!?【花粉症2015】


でも、そもそも、この「PM2.5」から引き起こされる
もともとの症状って、一体どんなものがあるのでしょうか?


花粉症の症状と、どんな違いがあるのでしょうか?

この2つが併発するときは
どんなものに変化するのでしょうか?

「鼻水キムちゃん」は、花粉症に関しては
経験も長いので、多少の知識はありますが、

この「PM2.5」に関しては
ほとんど知らないのです・・・・・

なのでちょっと調べてみることにしました♪


「PM2.5」が健康に悪影響を及ぼす基準



ここで、簡単におさらいです。

「PM2.5」とは、

"直径2.5μm(マイクロメートル)以下の微粒子状の物質"のことで、

その物質に種類に関しては、特に定義されてはいないようです。



ちなみに、この微小粒子状物質というものは

”大気中に浮遊する粒子状物質のうちでも特に粒径の小さいもの”

という定義がされています。


ようするに、空気中にある、と~~~~ても、小さいもの
という認識で良さそうですね。

これらが、体の内部、喉や肺になどに入り込むことにより
健康を害してしまうと・・・



ここまで大丈夫ですか? さらに続けますよ・・・


環境省による日本の環境基準によれば、

PM2.5の濃度の1日の平均値が
35μg/m3(立方メートル)以下であれば、
一般的には健康には影響はないとされているみたいです。
 
しかし、これが、
1日の平均値が70μg/m3(立方メートル)を超えてくると、

人の健康状態に悪影響
出てくる可能性が高いので注意が必要・・・

ということです。


む、難しい・・・・・


もっと簡単に説明して~~~ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

怒り30%.jpg

って感じです(笑)


ちなみに、「PM2.5」の飛散量や、
その飛散量予報の情報を知るには
こちらのサイトが非常に便利です。

PM2.5まとめ



「PM2.5」の症状と、「花粉症」の症状を見分けるのは不可能!?



そして、この「PM2.5」から引き起こされる体への影響と
その症状ですが、


  • 喉の痛みや違和感
  • 目の充血、かゆみ(結膜炎症状)
  • 鼻水、くしゃみ
  • 気管支炎



??? あれ・・・

これって、花粉症の症状に、そっくりですよね。

強いて言えば、「PM2.5」のほうが、
気管支炎など呼吸器系に、もっと強い
症状が現れてくる・・・って感じなのでしょうか・・・


まあ、もの辺は昔から大気汚染による有害物質が
喘息などを引き起こしてるということからも
簡単にイメージできるんですが・・・・


でも、この「PM2.5」の症状と、「花粉症」の症状の違いや
見分け方について

明確に説明しているサイトって、ほぼ皆無に近いです。
お医者さんや医療関係のサイトの情報でも同じ感じです。


みんな、何となく、それとなくかく書いてあるだけなんですよね・・・
なんででしょう?

「鼻水キムちゃん」の読解力が足りないだけなのかな~~(~_~メ)


ようやく見つけたのは、

「PM2.5」から引き起こされる場合は、
鼻水が黄色いネバネバしたもの?
という情報です。

これは、風邪の場合と一緒ですね。
花粉症の場合には、普通は透明で水状のことが多いです。

ただ、これについては確かな情報ではありませんm(_ _)m



結論として



「鼻水キムちゃん」の結論としては、素人が

「PM2.5」の症状と、「花粉症」の症状を見分けるのは難しい!

ということ。


でも、考えてみれば、この花粉症やPM2.5。そして黄砂においても
最も多く飛散している時期は重なっています。

なので、その症状も色々複雑に交じり合っている?というか
併発していることがあるのでしょうね。

症状を引き起こしている原因は、それぞれ違ったものであっても
それらが一緒に体に入り込むことによって
その結果、体にあらわれてくる症状も複雑になっている・・・

そういう風に考えるのが良さそうです。


まあ、でも一番てっとり早いのは
病院にてアレルギー検査を受けることでしょうね♪


それで、もし花粉に対しアレルギーを持っていないなら
その原因は、それ以外のもの(PM2.5や黄砂)となりますからね。

結論。

ポイント.jpg 自分で調べても分からない時には、素直にお医者さんに頼りましょう!



【花粉症とPM2.5に関する他の記事はこちらです♪】
→【花粉症とPM2.5】

【他にも色々な花粉症の記事を書いてます♪】


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪
花粉症対策についてはこちらから♪
→花粉症のに関してはこちらから♪
2015年花粉情報についてはこちらから♪
都道府県別の花粉情報はこちらから♪
→鼻水キムちゃんオススメ花粉対策グッズ


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。