So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

2015花粉症・アレルギー検査の費用はいくら位?


◆2015花粉症アレルギー検査の費用はいくら位?

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。

前回の記事で、花粉症の検査(アレルギー検査)について
書きましたね。

→【2015花粉症】スギ花粉の検査をしてみる!


今回は、その続きです。

花粉症などのアレルギー検査とは
一体どんなことをするのか?


そして、その費用は?

なんて情報をお届けします(*^_^*)


アレルギー検査って、何科で受けることができるのでしょうか?



自分が何の花粉に対してアレルギー反応を持っているのかを
知ることは、とっても重要です。

知っていれば、その花粉が飛散する時期に合わせて
しっかりとした花粉対策をすることができますからね。


このアレルギー検査ですが
内科耳鼻咽喉科、もしくは小児科で受けることができます。

病院クリニックによると思うので事前に確認しておきましょう)

103759.jpg


とはいっても、春先に花粉症の症状が出てくる方は
ほとんどがスギ花粉かもしくはヒノキ花粉だとは思いますが(笑)

スギ花粉症を持っている人の7割は
ヒノキ花粉症を持っていると言われています。

ちなみに、ヒノキ花粉症だけを持ち、スギ花粉症をもっていない人というのは
ほとんどいないみたいです。



なので、個人的は、スギやヒノキの花粉が飛散ている春先以外の
時期で花粉症の症状が出てきたときなどに、

このアレルギー検査を利用する必要がるのかな・・とも思います。


アレルギー検査ってどんなものがあるの?



このアレルギー検査ですが、以下のものがあります。


【鼻鏡検査】ー鼻粘膜の状態を、お医者さんが「鼻鏡」を使って直接診る検査です。

診るお医者さん.jpg

正常な人の鼻粘膜はピンク色をしています。

しかし、花粉が原因となる季節性の鼻アレルギーでは、
鼻粘膜は初期が赤色。そして、最盛期が蒼白色(そうはくしょく)となります。

この蒼白色(そうはくしょく)というのが、ちょっと合間な表現ですが
血の気がない色と考えれば良いのでしょうかね・・・(*_*;



【鼻汁好酸球検査】ー鼻水の中の好酸球が増加しているかどうかを検査すること

顕微鏡.jpg

好酸球とは炎症細胞の一つで、アレルギー性の炎症が起きると増加します。好酸球の増加が確認できたらアレルギー反応を起こしているというわけです。


上記の2つの検査では、基本的に鼻や目において、
アレルギー性の症状があるかどうかを判断するものです。


さらに、以下の検査で、その人は、どんな花粉の種類に対し、
アレルギー反応を示すのかを調べていきます


【血液検査】ー花粉に対するIgE抗体の有無や量、そして、好酸球の増加を調べる

採血.jpg

血液をの採血して、血液中のIgE抗体の量を調べる検査です。
アレルギー反応の原因となっている花粉の種類がこれで分かるのです。



皮膚テスト】ー皮膚の反応により、花粉の種類を特定します。

腕の皮膚の表面に小さな傷をつけ、そこに花粉エキスをたらします。
もしくは注射することで皮膚の反応を調べます。

赤く腫れたりしてきたら陽性となります。


【鼻誘発テスト】ー鼻の中に直接、花粉エキスを入れて反応を見ます。

花粉エキスなどを染み込ませた紙片を鼻の粘膜に貼ります。
そこに、アレルギー反応が起これば「陽性」です。


と、こんな感じですね。
結構、色々あるものです。

気になるこの「アレルギー検査」の費用ですが
通常3000円~6000円ほどかかります。


ちなみに、「鼻水キムちゃん」が以前、内科でこの検査を受けたときには
確か4000程度でしたね。

もし、この検査に興味ある方は
お近くの病院などに問い合わせてみてください。

意外な花粉に対しアレルギーを持っているかもしれませんよ

→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪




スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。