So-net無料ブログ作成

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

花粉症2015 今の花粉はヒノキ花粉?

◆花粉症2015 今の花粉はヒノキ花粉?

今回は、「ヒノキ花粉症」についての記事になります♪

こんにちは、「鼻水キムちゃん」です。
いよいよ年が明けて1月になりました。

もうじき本格的は「花粉シーズン」が始まってしまいますね・・


花粉症と言えば、「スギ」でしょう。
やっぱり「スギ花粉症」が日本で最も患者数の多い花粉症です。

なので、この「スギ花粉」を目の敵にしている方も多いはず(笑)
この「鼻水キムちゃん」もまさしくその一人です(*^_^*)


でも、何気にバカにできないのが、今回の主役である
『ヒノキ花粉』なのです!!



『ヒノキ花粉』ってどんなもの?




ヒノキとは、日本では、主に福島県よりも南の地域に生えている木です。
背が高いものは30mを越し、昔から建築材木として使われてきたものです。

ヒノキの雌花がこちら

Chamaecyparis obtusa 03
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

スギ花粉が、「花粉の悪の親玉」とするなら
このヒノキ花粉は「花粉の悪の参謀」とも言っていいほど。

花粉の粒子イメージ.jpg


実は、スギ花粉と、このヒノキ花粉というのは
その構造が非常に似ているそうなんです。

なので、スギ花粉症患者の7割程度は、 このヒノキ花粉症を持っていると言われています!!

7割!!!

でも、逆に、ヒノキ花粉症のみを持っている人はほとんどいないそうです。

この事実をあまり知らない方もいるのでは?

このヒノキ花粉に関しては、
その患者数も年々増加傾向にあるので、
今後、もっともっと注目されてくるでしょうね。



このヒノキ花粉の特徴としては、
その飛散時期にあります。

ヒノキ花粉が飛散する時期は、
スギ花粉よりも、ちょっと遅れて飛び始めます。


そして、スギ花粉よりも若干遅い時期まで飛んでいるようです。

具体的には、早いところ(関東など)では2月からも飛んでいますが、
ほとんど地域では3月から飛び始めます。

そして、地域によっては(特に北信越地方)では6月上旬まで
飛散しているのです!!

なので、スギ花粉が終わった時期なのに

「あれ・・なんかまだ花粉症みたいな症状が出ている・・」

なんて感じたら、それはヒノキ花粉のせいかもしれません。


ただし、スギ花粉とヒノキ花粉の飛散量の「ピーク時期」は
重なるときも多いです!


なので、そのような時には
花粉症の症状が悪化することも多いので
注意が必要ですね!

春先には、スギ花粉に加え、このヒノキ花粉にも用心していきましょう!

【関連記事です】
花粉症2015 ハンノキ花粉って何?
花粉症2015 シラカンバ花粉って何?
→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。