So-net無料ブログ作成

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

花粉症2015 OAS(口腔アレルギー症候群)との合併症に注意!

◆花粉症2015 OAS(口腔アレルギー症候群)との合併症に注意!

前回、こちらの記事で「ハンノキ花粉」
および「ハンノキ花粉症」についての記事を書きました。

→花粉症2015 ハンノキ花粉って何?


で、今回はそれに関連してのことで

「花粉症」と「OAS(口腔アレルギー症候群)」との合併症についてです。

今回、ご説明している「ハンノキ花粉」のほかにも
「シラカンバ花粉」でもよくみられる合併症になります。


OAS(口腔アレルギー症候群)とは?



このOAS(口腔アレルギー症候群)とは
簡単に言ってしまえば

「食物アレルギー」になります。


ある食物を食べることにより、
口・唇・喉などの口腔粘膜や、その周辺。
もしくは全身に
アレルギー症状を起こすことです。


花粉症の人がアレルギーを起こしやすい
果物としては、

  • りんご
  • さくらんぼ
  • カキ
  • キウイ

などがあります。

これらは、いわゆる「果物アレルギー」になりますが
果物の他にも、ヤマイモやジャガイモ、ナッツ類でも、
花粉症との関連が報告されているようです。


OAS(口腔アレルギー症候群)の具体的な症状としては、

口・唇・喉などに

  • 痒み
  • イガイガ感がする
  • ピリピリする
  • 浮腫性膨張(はれること)

の症状。


そして、全身に起こる症状には

  • じんましんなどの皮膚症状
  • 気管支喘息症状
  • アナフィラキシーショック

があります。

これらの症状が、果物を食べたあとだいたい15分以内に
現れてくるのです。


皆さん、これご存知でしたか?


原因としては、これら果物のタンパク質と、
ハンノキ花粉などのタンパク質がよく似ているためだそうです。

なので、これらの花粉に反応する人は、これらの果物にも反応してしまうという・・・


OAS(口腔アレルギー症候群)が起こりやすい食べ方・・



このOAS(口腔アレルギー症候群)ですが、
主に、これらの果物を「生」で食べたときに起こしやすいみたいですね。

逆に、フルーツジュースにしたり
なんらかの形で調理した果物では起こりにくいと言われています。

でも、この辺は、個人差が大きいところでもあるので
決して油断はできません。

でも果物なんて、「生」で食べることが多いし・・・(-_-;)


「アナフィラキシーショック」なんて
場合によっては、ものすごく危険なものです。

なので、ハンノキ花粉やシラカンバ花粉に対し、
アレルギーを持ってる方は、果物にも注意が必要になってくるでしょう。

もし、ご自分がなんの花粉に対しアレルギーを持っているのか
よくご存知でない方は、病院で一度アレルギーテストをしてみるのがいいかもしれませんね。


意外なものにアレルギーを持っている場合もありますので。


というわけで、今回は
「花粉症」と「OAS(口腔アレルギー症候群)との合併症について
お伝えしました。


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。