So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

花粉症2015 風邪との併発!薬は何を飲めばいいの?


花粉症2015 風邪との併発!薬は何を飲めばいいの?

こんにちは、毎度おなじみの「鼻水キムちゃん」です。

今朝は、天気も悪く気分もあまり優れない私です・・
年の瀬というのは、なんとなくもの寂しい気分になりませんか?

こんな気分になるのは私だけでしょうかね・・・(^_^;)

さて、もう本格的な冬になっているのですが
こんなときに注意したいのは花粉症と風邪の併発です。

ここ最近では、このサイトでも
花粉症と風邪の症状の違い・その見分け方について
ご説明してきました。

こちらの記事を参考にしてみてくださいね
→【風邪との見分け方について】


花粉症と風邪の併発



ここまでは、どちらかというと、

「花粉症」と「風邪」の見分け方という視点で
書いてきた内容が多かったのですが、

実は、「花粉症」と「風邪」が併発しているというケースも多々あるのです。


特に、スギ花粉の飛散が全盛の2月~3月ころというのは
風邪やインフルエンザにもかかりやすい時期です。



最初は、単に

「あれ・・なんか頭痛がひどくなってきた・・」

「鼻詰まりも酷くなってきた・・」

「花粉症の症状がひどくなってきたのかな・・・」

なんて、思いがちですが、
それが、じつは風邪を併発していた・・・というケースです。


こうなった時に注意してほしいのが
服用する薬です!


097692.jpg

花粉症の薬と、風邪の薬の併用には注意!!



おそらく、普段から花粉症に悩んでいる方は
病院から処方されている花粉症の薬を毎日服用している人も多いでしょう。

例えば、抗アレルギー薬として有名な
「アレロック」「アレグラ」などです。

もしくは、「ジルテック」なども有名ですね♪


で、こういった花粉症の薬を日頃服用している人は
風邪をひいたときに、してしまいがちな「過ち」というのが

「花粉症の薬」と「風邪薬」の併用です。


実は、「風邪薬」には、「花粉症の薬」と同じような成分が
含まれているのです。


なので、両方の薬を併用してしまうと
同じ成分を二重に服用してしまうということになります。

薬の過剰な摂取にもつながります。

これは普通に考えても体にいいはずはありませんね。


まあ、「花粉症の薬」と「風邪薬」を両方服用して
何か重大なケースに陥るといった可能性は少ないと思うのですが・・
(実際に飲んでいる人も多いでしょう。私もあります・・・)

それでも、決して良いことではありません。


じゃあ、どうするの?



結論としては、もし、あなたが普段から病院で処方されている
花粉症の薬を服用しているのなら、

その病院の先生に診てもらうのが
一番良い選択になるでしょう。


102046.jpg


先生に診てもらう時間が取れない方は、
一度、電話で確認してみるのもいい手です。
(私はよくコレ使います♪)


でも、もしかしたら、花粉症でも軽度のもので
市販の花粉症の薬(アレルギー専用鼻炎薬)のみを服用している方もいるかもしれません。

そういった方は、とりあえず、その薬の服用は止めて、
「風邪薬」のみを服用するのが無難だと思います。


そうすれば、薬の過剰な摂取が避けることができますので。

まあ、でも一番良いのは
お医者さんに診てもらうのが一番でしょう。

良かったら、参考にしてみてくださいね(*^_^*)

→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪




スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。