So-net無料ブログ作成
検索選択

緑水平仕切り.jpg
オススメ商品バナー.jpg

花粉症対策の決定版!『アトピタン』100円モニター
たったの100円♪
*私のオススメである柑橘「じゃばら」のサプリメントです♪先着1000名限定なのでお急ぎで♪
緑水平仕切り.jpg

スギ花粉 2015年の飛散量は?

◆スギ花粉 2015年の飛散量は例年並?それとも・・・

こんばんは~「鼻水キムちゃん」です。

花粉症の症状を引き起こす原因の中でも

「代表的な悪の親玉」

とも言えるのが、スギ花粉ですね。



「スギ花粉」

この言葉を聞くだけで、いや~なイメージが頭の中に
浮かんでくるのは私だけではないはず・・・


中学校の頃には、本気でこんなことを思っていました。

「将来、国会議員になって、日本中のスギを伐採する法律をつくってやる!」と(笑)


いや、冗談じゃないですよ。本当に本気だったのです。
まあ、もちろん実際にそんなことが可能かどうかなんて考えていませんでしたけどね・・(汗)


それくらいスギのことを憎んでいました。
だって、25年間もスギ花粉には苦しめられたのですから・・・



◆気になる2015年のスギ花粉の飛散量の予測


他の記事でも、再三、書いていることになってしまいますが、
2015年の花粉飛散量についてですが、

あまり良くありません・・・????●ガーン


特に東日本にお住まいの方。

2015年は要注意ですよ!!!!



比較的少なかった2014年に比べてなんと2倍~3倍ものスギ花粉の飛び交う予想です。
例年と比較しても、1.1倍~1.5倍の量です。


以前にも載せましたが、各都道府県別の
2015年の花粉飛散量の比較表を再び載せておきます。

この表では、主に「スギ花粉」と「ヒノキ花粉」の両方が数字に含まれています。


【2015年 花粉飛散量】
花粉飛散量.JPG


どうですか??

赤のマークが2014年と比較して2倍以上のスギ花粉が飛散する場所です。

関東地方に集中しているのが分かります。



◆2015年は「表年」

一般的に、花粉の飛散量は、

花粉の多い年である「表年」
少ない年である「裏年」が交互になっていると言われています。

実際には、前年の夏の気温と日照時間が影響しているそうです。


近年、その「表年」と「裏年」の差が激しくなってきているそうですね。

2014年は「裏年」でした。

2014年が花粉症の人にとって「楽な年」だったので
2015年は、ちょっと「苦しい年」になるとの予想ですね。


毎年「裏年」だったらいいんですけどね(笑)


→【まとめページ】花粉に関する他の記事は、こちらの目次から♪
→私が25年間の花粉症を克服した体験談はこちらから♪



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 2015花粉症 【症状と対策】情報ナビ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
形成外科

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。